HOME > THE GRACE DAILY > 【納品事例】自然を愛し、空間と調和する
2021/07/21THE GRACE DAILY
【納品事例】自然を愛し、空間と調和する

  • バナー01です
  • バナー02です
自然豊かな沖縄が好きだから
子どもにも沢山自然に触れてほしいな
とても素敵なお考えですね!
お部屋にも自然を取り入れるのはどうでしょうか?
自然を部屋に?
温かみのある質感を効果的に取り入れた
事例をご紹介いたします^^
はじまり
コンクリートとチーク無垢材のコンビネーションが美しい空間が広がるH様の新築住宅。
その内装とH様のご希望が一致していたため、よりご提案内容に厚みを持たせることができました。
まずは、自然溢れるこの空間を最大限に生かすため素材感を重視することに。
自然が溢れるってことは
木製の家具を選べばいいってこと?
木材と言っても実は様々。
大きく分けると「無垢材」と「突板」にわかれます。
自然と調和する空間づくり
同じ木材なのに値段が全然違う家具を見て不思議に思ったことはありませんか?
もちろん、施工技術やデザイン性も金額を大きく左右する一因ですが、“無垢材か突板か”という部分も表面ではなかなか見えない違いです。しかし、見えないからと言って同じというわけではなく、使い込むほどに違いが隠せなくなるのが特徴。
◆無垢材:木をそのまま製材しているため木目に深みが出てきたり、丈夫で経年劣化を楽しめる。
◆突板:ベニヤなどに木のシートを貼り付けただけなので剥がれや傷が目立つ
そう、素材の違いとは経年劣化を楽しむか惜しむかの違いなのです。



自然と調和するという意味でも最適な無垢材は今回のご提案には不可欠でした。
選んだソファは【冨士ファニチア】。テーマに掲げた「空間との調和」を尊重するためソファそのものの主張は抑えつつも、本革素材×無垢材×ディティールが相乗効果で作用しあうことで、決して空間に同化しない凛とした佇まいを見せてくれます。



とても大きな窓が印象的なこのお部屋では通り抜ける風でも自然を感じることができます。
より効果的に風を室内に取り込むために、選んだ家具は程よく高さのある細めの脚で浮遊感を演出。
小さなお子様のために、角丸を施した温もりあるテーブルもポイントです。ソファカバーは洗える素材を選んでいるため、お子様がもたらす様々なハプニングも洗い流し、のびのびとした成長を見守ることができます。
将来的にはソファ座面部分のみ取り換えることで末永く使えることも選ばれたポイントになりました。このようにお客様のこれからの将来を見越したご提案ができたのは喜びです。

家の中にいるのに自然を感じる…
やっぱり素敵だな~
納品事例はInstagramでもご紹介しております
些細なお悩みや漠然とした理想があれば
いつでもお声掛けくださいませ
  • バナー01です
  • バナー02です