HOME > THE GRACE DAILY > 飛騨の家具フェスティバル
2020/10/14THE GRACE DAILY
飛騨の家具フェスティバル

歴史と伝統が生みだす匠の技『飛騨の家具フェスティバル』
古代より優れた木工技術を持っていた「飛騨の匠」は全国にその名が知られていました。
その匠の伝統を現在でも受け継ぎ、熟練の職人技が光る「飛騨の家具」。
そして家具の中でも作るのが最も難しいといわれている椅子を作り上げる町としても
飛騨・高山はとても有名です。

その職人技を活かしソファや食卓テーブルなど生み出す逸品は多岐にわたります。
そんな飛騨の家具を今回はピックアップ。
THEGRACE店で取り扱いのあるメーカー3社の特徴を少しだけご紹介いたします。

日進木工
引き算のデザイン。
北欧モダンを軸にしたオリジナルデザインの家具。
シンプルながらどこから見ても美しい、日本の住宅に溶け込むデザインの家具が特徴。

シラカワ
創業以来変わらぬ製品コンセプトである「日本のモダン」
日本独自の文化のエッセンスを盛り込み、リビングやダイニングに和の感性を運ぶ家具を作っている。

飛騨産業
今年で創立100周年の飛騨産業。
「飛騨の匠」の技術を今も脈々と受け継ぎながら、斬新な商品開発で
常に時代のニーズに合った商品を提供し続けている。
・ ・ ・ ・ ・

シンプルなデザインながらも匠の技が光る飛騨の家具。
世代を超えて愛される逸品をこの機会に店頭にてご体感くださいませ。