HOME > Buyer > 縁の下の力持ち。
- BUYER'S DIARY -
THE GRACE
バイヤー日記

– episode 6 –

日本 ~福岡県大川市~
 
日本 福岡県大川市
 
出張バイヤー:上茂 大輔
 
 

日本有数の家具の街「福岡県大川市」へ行ってきました。

 

こんにちは。
先日、日本屈指の家具のまち「福岡県大川市」へ行ってきました。
福岡空港から車で南下し1時間半。どちらかというと、佐賀県に近いところにあります。

 

福岡県大川市はもともと船大工文化が盛んでそこから木工製品 の産地として栄え、
今ではMade in japanの商品以外にも 世界のインテリア・家具を取り扱う様々な会社が集結している日本有数の家具のまちです。

 
 

↓大川市の風景。のどかなところです。

 
福岡県大川市その1
 
福岡県大川市その2
 

因みに弊社の社名「大川」もこちらの大川市が由来です。
日本でも数社「大川」を社名にしている会社がありますが、弊社は沖縄生まれ、沖縄育ちの正真正銘沖縄の会社です。

 

さてさて今回の出張は、主要取引先メーカーさん向けの物流に関する合同ミーティングと様々な計画に関する打ち合わせや価格交渉などなど、毎度のこと凝縮された二日間。物流ミーティングに関しては普段お世話になっている仕入先の皆さんと、弊社から数名 また提携先の物流会社さん含め3者合同で行われました。

 

沖縄という立地上、どうしても商品が海を渡ってくるので、物流問題は切っても切れないとても重要な事項です。
いかに無駄なコストをかけず、安全できちんとした商品をお客様のもとへお届けできるか?気持ちは皆同じです。

 

白熱した議論も多々飛び交いましたが、このような場をより多く持つことで、しっかりとした仕組み作りができるんだ。と改めて実感しました。

 

合同ミーティング風景
 

また、裏方でしっかりサポートして頂いている仕入先倉庫担当の方。
夏の暑い日も、冬の寒い日も、的確に商品をコンテナに積み込んでくれている大川市の倉庫メンバーの皆さま。
毎日、とてつもない量の商品を流してくれている弊社の物流スタッフの皆さま。
決して表舞台には上がってこないですが、物流業務を的確にこなしてくれている皆さんに、本当に感謝しないといけないですね。

 
 

世の中、当たり前と思っている事が実はよくよく考えると大変な事で、ふーんなるほどって事、実は沢山ありますよね。
実はとても有り難い事。まさに「ありがとう」ですね。
いろんなことに感謝しながら、日々過ごしていかなくては。と思った出張でした。