HOME > Buyer > 東南アジア ~タイ・シンガポール・マレーシア編~
- BUYER'S DIARY -
THE GRACE
バイヤー日記

– episode 14 –

東南アジア ~タイ・シンガポール・マレーシア編~
 
タイ・シンガポール・マレーシア
 
出張バイヤー:花城 清人
 
 

インテリアトレンドは世界的に「グリーン」と「リゾート」が注目!

 

こんにちは。THE GRACEのバイヤー花城です。
基本的に国内を中心に仕入活動を行っていますが、今回は日本を飛び出し東南アジア方面へ行ってまいりました。
今回は、各国の家具見本市にて仕入活動とトレンド情報収集、主要取引先の工場見学です。

 

個人的に海外は3回目。

 

夜間便のピーチで沖縄からタイ(バンコク)への直行便で2時間強。
現地時間は日本より2時間遅いので、一日が少し長く感じました。

 

同行していただいた上司からは、事前に「日本ほど治安良くないから・・・・」の注意事項をもろもろ教えていただき、
警戒心半分、期待半分で臨みました。

 

今回はその一部、展示会編をご報告させていただきます。

 
 

インテリアスタイルのトレンドは「ナチュラル」

 

商品や演出に使用されている木の色は明るい物が多く、壁面でのグリーン演出や本物のグリーンを装飾した展示も多く見られました。素材に関しても自然素材を使い「ECO&ナチュラル」をうたった商品や企業も。

 

ナチュラルスタイル01

 

ナチュラルスタイル02
ナチュラルスタイル03

 
 

トレンドカラー「ペールピンク・ダークグリーン・イエロー&グレー」

 

近年、国内やヨーロッパの展示会でもトレンドカラーとなっている「ペールカラー」がやはり用いられていました。
加えて、「イエロー」と「グレー」のペア展示もちらほら見受けられました。

 

ファブリックの主流はグレーを中心にアイボリー、ベージュ系。
壁面にカラーを大きく入れて、スモークトーンを映えさせる「ナチュラルテイスト」な演出が要所にみられました。

 
トレンドカラー01

 

トレンドカラー02
トレンドカラー03

 
 

リゾートをテーマにした展示も多く見られました

 

リゾートテイストの提案が多いのも、東南アジアの展示会の特徴の一つ。
グリーンをボリューム出して演出したり、壁面で海を表現したり手法は様々でした。
特にタイは伝統工芸の国。
手の込んだ、あえて手間をかけたリゾート家具が世界的にも注目をされ始めているようです。

 

リゾート家具01

 

リゾート家具02
リゾート家具03

 
 

各ブースの演出力に関しては、各展示会や出展メーカーにより多少差があるように感じましたが、「商品」を前面に、というよりも雑貨をからめたスタイル提案や空間全体の提案に力を入れているような印象を強く受けました。
今後のお店づくりでも、空間を提案するという意識は非常に重要なキーワードだと改めて感じました。

 

いかがでしたでしょうか?
今後もいろいろお伝えしたいコト多々ですが、今回はこのぐらいで。
次回は、今現在お取引のある現地の主要メーカーを訪問した様子をお伝えしていきます!お楽しみに!